レシピ・作ってみた

【簡単キーマカレーの作り方】市販のカレールーを使った無水カレー。

キーマカレーって作り方が難しそう・・・ってイメージありませんか?

僕はよくキーマカレーを作るんですが、全然難しくはないですよ。

 

簡単に作れますし、お弁当にも使いやすいですし、余った野菜をぶっ込めますw

今回は、水を使わずにトマトなどの野菜の水分だけで作ってみました!

水を使わないから野菜の旨味がギュギュっと詰まっていて体も喜ぶこと間違いなしです。

その時の様子を紹介しますね!

 

キーマカレーの材料(3~4人分)

 

  • 合いびき肉   350g
  • トマト     小2個
  • 玉ねぎ     大1個
  • ニンジン    2分の1本
  • エリンギ    1パック
  • 生姜      1かけ
  • にんにく    1かけ
  • カレールー   2分の1パック
  • 塩コショウ   少々
  • 砂糖      少々

 

だいたい3~4人分でこれくらいの材料です!お子さんがいる家庭はこの量で作ると丁度良いと思います。

カレールーは市販のものであれば何でもいいです。今回はバーモンドの中辛をつかいました。

 

トマト、玉ねぎは絶対入れたいところですが、この2つ以外の野菜は冷蔵庫に残っている野菜をぽんぽん入れてもいいですね☆

ナスとか入れても絶対美味しい。

きのこ類はグアニル酸が、トマトにもグルタミン酸が豊富なので一緒に入れることで旨味が倍増します。

 

 

作り方。

 

では、さっそく作っていきましょう~。

 

野菜類は全部みじん切りに。

野菜類は全部みじん切りにします。

結構、あらめでいいかも。その方が食べた時に食感が残っていて美味しいんですよね^^

切るのも楽ですし。笑

 

【追記】

何回か作ってみた後の感想ですが、食べた時にトマトの薄皮が口の中に残りやすいので気になる方は湯向きしてからトマトを細かくきってください。

 

この段階だと、ひき肉の倍以上の量になりますが、火を通せばかなり少なくなります。

 

少量の油で生姜、にんにく、合いびき肉を炒める

鍋に少量のサラダ油を引き、まず生姜とにんにくを弱火で炒めています。

生姜とにんにくの匂いって、なんでこんなにもお腹が減ってくるんでしょうね。笑

 

生姜とにんにくの香りが漂ってきたら、合いびき肉を加えて炒めます。

ちなみにひき肉から油が出てくるので最初のサラダ油はほんと少量で大丈夫です。

 

火は弱火のままでOK!ひき肉に火を通していきます~。

弱火で炒めているので焦げることはないと思いますが、たまにぐるぐると混ぜながら。

だいたい火が通るころには、ひき肉から結構な量の油が出てきます。

この油も水分として使います。

 

野菜を投入。全体的に火を入れる。

野菜類をまとめて投入!火の強さは、このタイミングで中火にしてください。

全体を混ぜながら火を通していきます。途中、塩コショウで味を整えます。

水分が出てきて、玉ねぎが透明がかってきたら、フタをして5分くらい煮込んでいきます。

火力は弱火と中火の間くらいかな。

 

フタをして5分ほど煮込んだ後が、こんな感じ。

かなり野菜からの水分も出てきて、浸るくらいになってます。これ全部旨味なんですよね^^

 

 

カレールーを入れて仕上げ。

ここにカレールーを入れて全体的にかき混ぜていきます。

ルーはあらかじめ細かく切っておくと溶けやすいですので、具材を煮込んでいる間にでも細かく切っときましょ。

 

 

ルーが溶け切ると、かなりもったりします。

ここに砂糖を少々をいれて味を整え、完成~!!

 

食べる時は温玉を乗せて食べても美味しいですよ~♪

 

 

無水キーマカレーの作り方まとめ

 

  1. 野菜をすべて粗めのみじん切りに切る。
  2. 少量のサラダ油で生姜、にんにくを軽く炒め香りを出し、合いびき肉を色が変わるまで弱火でいためる。
  3. みじん切りした野菜を加え、中火で玉ねぎが透明になるくらいまで火が通ったら塩コショウをし、フタをして5分ほど煮込む。(弱火と中火の間くらい)
  4. 具材が浸るくらい水分が出ていたら、細かく刻んでおいたカレールーを加え、全体的に混ぜる。
  5. 砂糖を少々入れ、味を調えたら完成!

 

 

このレシピだと辛さは結構控えめになってます。なので小さなお子さんでも全然食べることできると思います☆

もし辛く作りたい方は、カレールーを辛口に変えてみてください。

冷めても美味しいからお弁当にも使えますね。

 

以上。ありがとうございました~!